NTTフレッツ光からソネット光に乗り換える手続き方法・手順

NTTフレッツ光からソネット光 インターネット・光回線の乗り換え手順

前提知識:NTTフレッツ光からソネット光の乗り換る前に知るべきこと

乗り換える時期は3月・4月を避けるべき

引っ越しシーズン

3月・4月は引っ越しシーズンで新たな生活をする人の回線開通工事で混み合っています。可能であれば3月・4月は避けた方が良いです。回線開通工事の予約が取れない・または先延ばしにされる可能性が高いです。

 

NTTフレッツ光の解約とソネット光を契約するタイミングは契約が先

インターネットが使えない期間

先にソネット光を契約して開通させてから、NTTフレッツ光を解約すべきです。ソネット光を契約して開通する日は工事の予約状況によっては延期されてしまい、インターネットが使えない期間が出来てしまう可能性があります。また地域によっては光回線を導入出来ないケースもあります。いずれにせよ、先にソネット光に申し込んで確認する必要があります。

 

インターネットの利用は回線とプロバイダの契約が必要

プロバイダと回線

インターネットの利用は、回線とプロバイダの2つの契約が必要です。プロバイダはインターネットを自宅に接続する為の中継局です。

  • 回線サービス・・・NTT・KDDI提供のフレッツ光・auひかり・・・など
  • プロバイダ・・・BIGLOBE、So-net、@nifty、OCN・・・など

これらは一緒に申し込めたり出来ますが、提供している会社は別であることを認識しておきましょう。

 

乗り換え時の注意点・トラブルについて

プロバイダ

プロバイダが変わるとプロバイダ提供のメールアドレスが変わる

プロバイダが変わるとプロバイダが提供するメールアドレスが変わります。メールアドレスを変えたくなければ、NTTフレッツ光で利用していたプロバイダを引き続き使う必要があります。引き続き使う条件は、

  • ソネットに対応しているプロバイダであること
  • NTTフレッツ光からソネット光へのコース変更の手続きを行うこと

の2つとなります。

参考:ソネット光のプロバイダはソネット

ソネット光のプロバイダはソネットで、回線とプロバイダがセットで提供されています。ソネット光に申し込むと同時に回線とプロバイダ(ソネット)を一緒に申し込んだことになります。

 

NTTフレッツ光の解約でNTTフレッツ光の電話サービスが使えなくなる

IP電話

NTTフレッツ光を解約するとNTTフレッツ光の電話サービスは使えなくなります。ただ、NTT一般加入電話番号を持っている場合は、ソネット電話サービス「So-net 光 電話」を利用することで、そのままの電話番号が利用可能です。

「So-net 光 電話」は「So-net 光 プラス」コースでご利用いただけるSo-net提供の月額基本料・通話料がおトクなIP電話サービスです。NTT一般加入電話番号をお持ちの場合、現在お使いの電話番号、電話機がそのまま利用可能です。

So-net 光 電話

 

NTTフレッツ光の解約時の違約金について

回線解約時の違約金

NTTフレッツ光を解約する時、長期割引サービスを利用している方は解除金が発生する可能性があります。長期割引サービスはNTT東日本・西日本で異なり、解除料も異なります。

NTTフレッツ光の解約金

にねん割について(NTT東日本)

NTT西日本は長期割引の種類・契約年数で解約金が異なります。詳細はリンク先を参考にして下さい。

NTTフレッツ光の解約金

光もっと2割(NTT西日本)

NTTフレッツ光の解約金

光はじめ割(NTT西日本)

 

ソネット光の初期費用・工事費の負担について

回線工事

ソネット光の初期費用として「事務手数料(税込3,300円)」がかかりますが、工事費はフレッツ光の回線を転用するので工事はしません。なお、転用しないケースでも工事費はフレッツ光の月額料金に含まれ、なおかつその工事費分が割引となるので、実質的に工事費はありません。

ソネット光 工事費

So-netなら月々のお支払いが断然おトク すべてコミコミ

 

NTTフレッツ光からソネット光への乗り換えにかかる費用の総額

価格の総額

費用の総額は「NTTフレッツ光の解約違約金+ソネット光の導入費用」と言えます。NTTフレッツ光の解約違約金としては、

  • 解除金*・・・0~33,000円(*転用により不要。条件によって一部支払う。)

となります。ソネット光の導入費用は、

  • 契約事務手数料・・・3,300円

です。これらをすべて合わせると乗り換える時の総額は「3,300~36,300円」となります。

 

NTTフレッツ光からソネット光に乗り換える手続き方法・手順

ソネット光

ソネット光の提供エリア確認する

ソネット光が提供されているエリアはフレッツ光と同じです。ソネット光はNTTの光回線を借りてソネット光をサービス提供しているからです。NTT東日本・西日本のいずれかで確認しましょう。

⇒ NTT東日本 フレッツ光サービス提供エリア

⇒ NTT西日本 フレッツ光サービス提供エリア

 

申し込みをする

ソネット光

ソネット光はソネット光の公式サイトの申し込みページから申し込みます。

⇒ ソネット光の公式サイトの申し込みページ

 

ソネット光の工事日の連絡が来て、工事日当日に立ち会う

工事の連絡

回線事業者またはプロバイダから開通工事日の連絡があります。30分~1時間程度立ち会うことになります。

回線工事の内容

工事の内容としては上記の図で「光ファイバーケーブルの引き込み」「光コンセントの設置」の部分に当たります。

 

回線終端装置にパソコンの接続して設定し開通確認する

回線終端装置にパソコンの接続し設定

工事完了後、回線事業者(またはプロバイダ)から既に送られている回線終端装置とパソコンを接続します。下記の2つを参考にしてください。(なお、プロバイダのソネットから接続方法の資料が届くはずです。)

So-net 光の接続設定方法を知りたい

So-netインターネット接続ガイド (pdf)

 

NTTフレッツ光の解約を電話で伝える

NTTフレッツ光

NTTフレッツ光の解約は電話で行います。NTT東日本・西日本共に同じです。

フレッツ光の解約方法

解約する場合にどのような手続きが必要ですか?(NTT東日本)

フレッツ光の解約方法

ご解約について(NTT西日本)

 

解約日にモデムを外す(必要があれば返却する)

モデムの返却

NTT東日本・西日本からモデムをレンタルしている場合には、返却する必要があります。返却方法などに関して公式サイトに記載はありませんが、解約時の電話で返却方法を聞いて対応すると良いでしょう。

 

以上が「NTTフレッツ光からソネット光の乗り換え手続き方法・手順」となります。